フォト
無料ブログはココログ

Hamster

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月31日 (火)

群龍割拠 猫とドラゴン展 開催決定!!!

予てより、計画を進めておりました、展示会

いよいよ、本日、情報解禁!!
http://www.tobikan.jp/museum/2012/group2012_04.html

群龍割拠 猫とドラゴン展


2012年10月21日 2012年10月28日

■会期:2012年10月21日(日)~10月28日(日)
■開室時間:午前9時30分から午後5時30分まで
※最終日は午後1時30分まで(入室は閉室の30分前まで)
■会場:ギャラリーC
■観覧料:無料

■出品作家:開田裕治、アオガチョウ、安藤賢司、岡健之、奥田茂喜、加藤直之、工藤稜、CLICK CRACK、寒河江智果、近藤るるる、添田一平、竹内信善、武田信之、Deino、寺田克也、天神英貴、とやまみーや、永野のりこ、西川伸司、韮沢靖、パトリック・ギャノン、濱元隆輔、藤ちょこ、松村しのぶ、丸山浩、緑川美帆、村田らむ、山脇隆、夢路キリコ、前田ヒロユキ、(代表:廣瀬和宏)

怪獣絵師として絶大な人気を誇る開田裕治を旗印に、アニメ・特撮・SF・マンガ・ゲーム、幅広いフィールドで活躍するクリエイターたちが集結。「COOL JAPAN」と称される日本のポップ・カルチャーの牽引者と、今まさに注目を集め始める新進気鋭のクリエイター総勢30名が、【人間にとって最も身近な獣「猫」】と【神として想像された獣「ドラゴン」】、我々の概念上、最も距離が離れた2つの獣『猫とドラゴン』をテーマに競演します。

M0deqg0000004t3q

ロゴ製作はボクでした。

2012年7月30日 (月)

ワンフェス完了!(写真追加版)

昨日、ワンフェス2012夏が終了しましたー!!

20120729_101704

当日はたくさんのお客様にお会いできまして、まことに有意義な時間が
迎えられました事、うれしく思い、感謝が絶えません。

怪獣造形の熱烈なファンさんをはじめ、ゲーム関係者、雑誌関係者、
作家の皆様、海洋堂の方々。
いろいろな他ブース他ジャンルの垣根を超え、広がる交流。
これからの企画などなど、お声くださり、夢が広がるばかりです。

展示 販売をしておりました商品は、好評を得まして、うれしい限りです。

なかでも、ガイガン-究極怪獣兵器-は最速での1時間で完売!

この値段、この30個と言う数で、ビックリです。
まとめ買いをされる方も多く。いっぺんに無くなっていきました。
一人で、3つも買っていかれる方も・・。

このガイガンと言うキャラクターの器量に、底チカラを感じました。

ハニーボーンズにはいろいろなお客様が、いらっしゃるのですが、
お若い方の割合が多い感じもします。
ハニーボーンアレンジが今のカードやゲーム、アニメなどの傾向を
取り入れているせいでもあるのかも? 知れませんね。
ディフォルメ系は女性に、うけがいい感じですし、

自分ではこれからの怪獣ファンを担うであろう、重要な方々と認識し、
ボクの役目と思い、お迎えしていきたいです。

そうそう、そのガイガンの完成品をまだ、こちらに、載せていませんでしたね。

20120730_141102


20120730_141033


20120730_141010


20120730_141242


20120730_141253

20120730_141449

20120730_141931

---------------------------------------------------------------------------------
ハニーボーン ガイガンの商品コンセプト

サイボーグ怪獣の肩書きの追求---特に金属部分と生体組織のコントラスト。

スタイルバランスのアレンジ---頭でっかち、足の短め&細身を、
              より怪獣のバランスに近づける

目つきの凶暴化---一本繋がりのどこかユーモラスな感じのするモノアイを細くシャープに。

の一本角の武器性の強化---お殿様のような生え方をしている角を首の角度と連動し、傾斜。
             
などなど。
-----------------------
色合いでのコンセプト

映画では青と赤が強烈なインパクトですが、
その青色を、濃紺をややパープル系を足した感じにロービジ化。
リベットのアクセント化。
そして、なにより、筋肉組織の表現と縦筋を血管に見立てた、生物表現。
これには配色バランスでのマッチングも計算通りです。
羽根の強烈な、赤、が身体の方にも流れて来る感じです。
--まるで、羽根で受けた、宇宙エネルギー成分を身体まで行き渡している様
生物構造までをも想像され、にんまりしてしまうコンセプト追加です。

などを想像して塗りました。

でもでも、悔やまれるは、モノアイを光らせられなかった事と
塗装に時間がかけられなかった事。
(なにせ、仕上げ前です。最後のスミ入れとドライブラシが入れられなかった〜)
組み立てに2日、色付けに1日でした。(製作の目安に)


どうか購入者の方には、じっくりとチャレンジしてほしいですね。

-----------------------------------------------------------------------------------------

お客様の中には、次回作をお尋ねをしてくる方も、たくさんいらっしゃり、
『7作もデザインとヘッドだけが出来ています』と云ってます。

超大作もひかえていますが、ギドラの突然の不許可もありまして、
こちらも慎重に計画立てをしなくてはなりません。

でも、どうぞ、みなさまのご希望なモノが出来ましたら、さいわいでございます。

最後に、今回のWF出店に多大なるご協力をしていただきました、

キトラ造形工房さんに、「STRONGに大感謝!!でございます!!」

------------------------------------------------------------------------------

2012年7月25日 (水)

シアンキング-リニューアル特別パーツキット発売!

かねてより好評発売中のシアンキングキャストキットですが、

何人にも切望されました、透明パーツを同梱での

リニューアルキットとしまして、ごく、少数ですが、発売します。

20120725_205236

---------------------------------------------------------------------------------------
ワンフェスにて、先行発売。

シアンキング-リニューアル特別パーツキット

定価42,000円。です。

(残念ながら、別売不可で、すみません。)

---------------------------------------------------------------------------------------

わずか、2000円で、この巨大なエポキシでのパーツがついてきます。

シリコン型、高価な液、等、かんがえますと、断然、お得!
この高純度なエポキシ樹脂は、一日に一個と言う、
スゴい生産性の悪さ。

用意できます数に限りがありますので、ある分は、早いもの勝ちです。

ダイオードを組み込めば、こんな作例も製作可能です。
ぜひ、挑戦をしてみては?

20120710_233620


20120710_232927

------------------------------------------------------------------------------

ガイガンクローン-3

いい加減、組み立てにはいれー!!って。

まだ、パーツが上がって来ないんだもん。

着々と、自宅複製パーツが完了しつつあり、昨日はキャスト液が
足りなくなり、急遽、今、買ってきました。

成果はこんな感じだ。
20120725_165437

他のパーツも合わせると、100パーツ以上、抜いた計算であるな。
いやー数がスゴい。

やっと、あと、10枚となった。

失敗の羽根があったので、他に使えないか、いろいろ、試してみる。

風太に着けてみたり..なぜか、喜んで、じっとしない。

羽根の先端が尖っていて、危ないので、やはりよそう。
20120725_165112

息子にも着けてみた。

20120725_165228

ちょっと、小さいな。
似合っていたが。
やっぱり、無理か。

そんなこんなをやってたら、

ベルグさんから、第二弾のパーツが着いた!!

顔や首類の重要な部分。
パーツがピッタリハマる。いい抜きだ。

明日にも全部、揃うらしい。
速攻組み立て開始であるな。

ではでは。

---------------------------------------------------------------------------------

2012年7月23日 (月)

趣味で作りたい物

久しぶりに楽しみに待っていた、新作!!

タミヤのエレファント。
新金型〜♡
タミヤはなんか心が騒ぐ

20120722_232814

なぜか重駆逐戦車系が好きなのです。

ヤークトパンサーや、ヤークトティーガーなどなど。

砲塔が無い車体から、一本に伸びる砲しん。

戦術が、駆逐を目的とした、後先無しの直線的な真正面対決。
とはいえ、この戦車を駆使した、パイロットエースのお話もあり、
この不器用な首も振れない戦車が、気になるのです。

なぜか?自分にも似た、好きなモノに真っすぐに向き合う姿勢が
同感するのか?

まあ、いいのですが。

息子が、夏休みを利用して、ぼくのコレクションの中から、

一番簡単なミリタリーモデルを作り出した。

シュビムワーゲン。

20120723_220853

ちょっとは手伝ってますが。

今まで、ポケモンのプラモデルしか作ってなかったのですが、
頑張ってます。彼は。
でも、35/1スケールで、この車体はミニカーくらいの小ささ。
スゴく細かいパーツもあるので、ポキポキいってる〜。
まあ〜いいか。

----

もう、複製作業がシンドイ。
ベランダで座り続けて、腰が痛い。

20120723_224132

でも、なんか美しい。

20120723_224215

幾何学で連続的。
まるで、
野生ハ虫類の、奇跡的な体表みたいだ。

-----------------------------------------------------------------

2012年7月22日 (日)

ガイガンクローン-2

第一弾! の依頼複製パーツが届きましたよ。

大きいパーツから届いたのね。

20120721_121805

いてもたってもいられず、

なんとなく仮り組

20120721_121401

デカイなあ〜。
立派な羽根。
男らしい。

頭周辺のパーツがまだみたいですね。

それも早く見てみたいものです。

下は、自分抜きパーツ。

腰つきアーマー。の数分のパーツ。
軽く水洗いして、乾かしているところ。

箱を明けて、砂だらけのキットなんか、見るの嫌ですよね。

20120721_121522

そして、羽根のパーツの、成果。

20120721_121712


じょじょに揃ってきましたね。

来週は、塗り見本を早く、お見せしたいモノです。

でも、イラスト作業も、いっぱい圧してきてる〜。
怖いよ〜。

----------------------------------------------------------------------------------

2012年7月20日 (金)

ガイガンクローン!

なかなか、進みませんが、

ガイガンの羽根の複製をスタートしました。

その一発目が出ました。

20120720_181946

最初の一発目は、感動するんですよ〜。
厚みも無いので、シリコン型を作るのが容易なので、複製代を軽減のため

自分抜き〜。

爪先にキャストが流れるか心配でしたが、

なんとか・・。

この調子でぎりぎりまでがんばるぞ!

アマチュア大冒険シリーズ続行中ですから、
複製代が信じられないですよ。ホント。

儲けが出るのかなあ〜コレ。

------

なんか、アートスピリッツさんのところで

レギオンのデコマスが発表されたみたいですね

なんか、あちらは派手なページ構成でいいなあ〜。

もっと、ローアングルで写真を撮らないとなあーいかんな。

それに、あれは角川映画さんの監修用にわかりやすく、パーツを
並べた物ですから、明記してある、差し替えパーツの説明が
不十分ですね。

正確には、
ノーマル頭は共通。
開く大アゴと、閉じた大アゴ選択式でどちらかを選ぶのです。

ですから、塗装見本の様に、開いた状態の頭と 閉じた状態を
同時に並べるのは、あり得ないのです。
(ダメージ頭は一セットごと用意してありますので、写真のように
並べられます。目つきが違うのです。)

ノーマル頭はキットには、一個ですから、注意してくださいませ。
それと、両頬の丸まった触手もノーマルは一対です。
(型が変更になってなければ、そうなるはずです)

でも、キャストでしか味わえない精密なディティールです。
ぜひ、この機会にご購入計画を!

コンバーチブル頭で、なければ、透明ノーズと目も光らせたのになあ〜。
3種の選択式だからなあ。

----

それにも心外なのは、ブログに書かれた大きさを疑うコメント。

何度説明すればいいのか? もう、やんになる。

レギオンウイリーをしているところなのだから〜。
足が浮いているのが、わからないのですかねえ?
(レギオンウイリー、映画ではガメラの2倍の大きさになっている)
あれがちゃんとカカトまで着地したら、劇中の比較通り、
レギオンの鼻先がガメラの頭の位置に来るのが、計算通りになって
いるのに。
そもそも最初の段階で、針金とスタイロフォームのボリューム確認で
OKだしてましたよ。
それに、PVC商品にした場合、5%縮小されちゃうから、計算では、
1cmちじむ。
尚かつ言えば、頭と胸は着ぐるみのバランスより、小さくして
スタイルを良くしている。

別件ですけど、
噂がうわさを呼び、この間の大怪獣ガメラの件では、
あらぬ原型横流しを言われ、ボクのワンフェス造形に対する姿勢をも
侵害した他のブログの書き込みがありましたけど、
もう、こりごりなのだけど、断固として、間違った言われは、正さないと
いけないです。
ちょっとの事でもね。
こちらは、アマチュアイズムに乗っ取り、プロ造形家が見放すくらい
いろいろな挑戦をしているのだから。

どんなプロも儲けにならないといけない宿命を背負ってるけど、
こちらは、時間と採算の度返し。
好きな物を、じっくりと造形をしたいのね。プロの目を使って。
そこが、挑戦するアマチュアイズムの姿勢。プロを名乗らない謂れ。
だから、あまり、再販もしないし、売れ線も狙いすぎない。
おかげで、
そう言うのから解放されているから、自由で造形アイデアが止まらない。
自分が楽しんで作ってるのだから、人の作品も気にならないし意見も無い。
ボクへの評価も要らない。
ただ、ボクの作品を購入してくださる方々は、ボクの理解者として
精神的なつながりを感じます。
姿勢を評価し賛同してくれる、同志に近い。

でもそこはそれ、より資金があってこその挑戦が出来ますのも、事実。
そこそこ、売れてくれないと、旅は続けられない。

--------------------------------------------------------------------------------

2012年7月18日 (水)

2012 夏ワンフェス卓番 7-18-09 HONEY BONES

いよいよ! 来ました! ワンフェス実行委員会から、最終書類。


2012 7月29日(日) 幕張メッセ
卓番7-18-09 HONEY BONES

結構、奥の方。

販売商品の予定は

-----------------------------------------------------------------

新作 ガイガン-究極怪獣兵器 40,000円 30個
   (反響がいいので、売れきれ必至〜)(だといいなあ)

再販 大怪獣ガメラ ビネット仕様 5,000円 25個
   (前回では、5分で完売でした)

残りわずか!! シアンキング キット 40,000円
   (一般販売の呼び声高し〜!!)

----------------------------------------------------------------

今回、商品数がわずか3個なのに対して、2ブースを取った暴挙!!
(その訳は、キングギドラの販売を目指していたので、大きめブース確保でした
 でも、落ちてしまった〜)

広いゆったりしたブースで、皆様のお越しをお待ちしております。
カフェでも開くか? 
-------------------------------------------------------------------------------

豆ガイガンがどうも・・

完成品見本とか、イラストとか〜

いろいろ、やれねばならないモノががいっぱいある中、

密かに進めていました豆ガイガン君。

こんな状況ですので、どうも間に合わないくさいですね〜

20120716_032807


20120716_032821


20120716_032952

意外と細かいので、大変。

後は、片腕だけですけどね。

この片腕パーツは、羽根と一体になっているので、
後ろの三枚羽もちゃんと、独立してる。

20120718_130648

ここで判明!

ボクは後ろ姿フェチなのかもしれない。
怪獣の後ろ姿が、気になってしょうがないのだ!!

悪夢ガメラやフルバーニアン、シアンキングなど、バックにボリュームが
あるやつが多い。

なるほど〜、そうだったんだ。

昨日、塗り上がった、超激造レギオンもバックがポイント。

スゴくいい塗りになった。
透明パーツをアクセントにして、生物感がうまく出せた。
背中甲羅が透明なので、筋肉とがの内臓が、うっすら見えなくもない。

ある意味、昆虫嫌いな方は、気持ち悪いかも〜?

映画オリジナルを基本としつつ、茶色形でまとめた。
以前、コナミさんの食玩の、全身濃い茶色のレギオンが印象的だったので〜。
脳裏の片隅に置いておいて・・・近づかないように、注意しながら。

参考にした生物は、
黄金オニクワガタ、ヘラクレスオオカブト、シロカブト、サソリ、かまどうま。

体型、色、生態が近い種類などを。

昆虫好きの方には、しびれる塗り見本だ。

でも、
もう修正は利かないから、もし、基本色がNGならば、最初っからだな。

そしたら、この塗りサンプルは、ぼくの元に帰って来るのね。
やったーな感じだ!
なんか手放したくない気持ちだ。

落ちても良し。通っても良し。の心境だね。

どうぞ、版元審査通過、画像アップまで、待ってくださいませ。

20120718_025056

ではでは。

明日は、新作バットマン試写だ!!

-------------------------------------------------------------------------------

2012年7月14日 (土)

粘土いじり-豆ガイガン

いろいろなテクニックはあるのですが、中でも継続して

やらねば腕の冴えが落ちる技術がありまして、

ボクは努めて、絵(鉛筆作業)と造形(粘土いじり)と思っており、

それはどんな忙しい時でも、やっています。

それは時間を作ってわざわざやるモノではではなく、tvを見ながらでも、

食事時でも傍らに置き、普段から、身近かに存在させています。

そんな賜物が出来そうです。

豆ガイガン

20120714_043849

両腕、羽根もこれから・・

20120714_043859

この状態ですから、WFに間に合うかどうか? わかりません。
できましたら、数個でも先着オマケにしたいです。

でも、「オマケがほしい!」とか、「売ってくれ!」とか、なしです。

これはわざわざ、お越しくださったお客様への感謝の気持ちですので、
一方的なこちらからの好意です。
キットに着いてきたのなら、ラッキーと思ってもらえればうれしいです。

ではでは
----------------------------------------------------------------------------------

2012年7月13日 (金)

ガイガンのバラバラ事件6-完結

設計図の画像ができました。

前のもふまえまして、すべて。

1


Photo_2

続いて、パーツリストです。


1_2


2


Photo_3

明日から羽根の複製に入る。
うまく、抜けますように!!

複製代金が、また、スゴい事になってしまった〜。
心臓に悪いぞ〜。

皆様のお買い上げにかかっています!!
どうか!!

------------------------------------------------------------------------------------

10年前くらいの趣味ポスターつくり

映画ポスターが大好きで、
10年くらい前にノリで作ったポスター絵が出てきた。

Photo

ボクが作ったディフォルメ模型を写真に撮って、合成したもの。
模型をレタッチして、ジンチャクっぽく、わざとしてます。
ロゴから素材から、すべて自分で製作。

舞台は江戸時代か?
大魔神も飛んでるよ〜。
もう、なにがなんだか・・

短編アニメもご丁寧に、まあ。

--------------------------------------------------------------------------

ライトニング-シアンキング完成

20120713_045959

家族の協力もあり、完成しました。

台座の感じはこうです。
ホントはオリジナルで、木を、くり貫いてみたかったのですが、
それだと台座だけで、2万もかかる・・・。
電動糸鋸があったらなあ〜。

20120713_050055

台座裏から、木材で補強した。
しっかりした。

前回のカラーリングでは、この怪獣のデザイナー、丸山浩先生から
「ちょっと暗めだな〜」と言われていたので、(上の写真の左奥にしっぽが見える)
今回はブライト気味に鮮やかさを意識してみました。
ですから、最後行程スミ流しをしていません。
胸と背中が光るので、それにバランスをとって、
色見も鮮やかな感じで良かったと思います。

それもそうと、おとといのアクセス3倍は、どうやら、丸山先生がツイッターで
つぶやいてくれてたかららしい・・。
スゴい!

ツイッター
ぼくも席だけはあるのですが、気がつけば・・
伝説の原型師ハマハヤオさんからフォローがついてた〜〜!!

松村しのぶさん、竹谷隆之さんに、続き、ハマハヤオさんまでコンタクトが
できた〜。

超感動である。

----------------------------------------------------------------------------------------

2012年7月12日 (木)

たまにはレギオン-2

アートスピリッツさんのレギオンキットのデコレーションマスター

をやってます。

自分で造形していて、こう言うのもなんですが・・

パーツが多いだろ〜! これ!!

なぜ? こんなに触手がいっぱいあるんだー!!

ランナーとバリ取りに時間がかかります。

20120712_021905

でも、組み上げはしやすそう。
それに、外骨格な怪獣ですし、パーツ分けによるパテ修正がほとんどない!
(と言う事は、塗装もバラバラで出来るのね、便利〜)

これはすごくいいですね。

塗りはどうしましょうかねえ?

それと、この背甲羅の透明パーツ

20120712_014556

これはスリットをくり貫いてるところです。

意外と簡単。

仮組みも比較的、しやすいし、パーツの合いもいい。

20120712_021940

接着しなくても、こんなに自立。

このキットはパーツ洗浄までの下処理が大変なのですね。

でもでも、この精密感。
とても20cmサイズには見えない圧倒的な存在感。

自分でみてもゾクッとする。

早く、塗装完成品が見てみたいものです。
(版元さんの塗装審査があるので、完成品公開は別の機会になると思います)

そうそう、このキット、せっかく透明パーツですから
エッグチャンバーくらいは、簡単に電飾できますね。

ボクはそう言う指示は貰ってませんので、できませんが。
ぜひ、購入される皆さんは、チャレンジしてください。

でも、このキット販売個数が20個とめちゃくちゃ、少ないらしい・・。

パオパオワンダーランドの新作情報が公開されました。
http://www.geocities.jp/godzilla_bbs/eventwf2012s.html
みなさん、どれを買う?


--------------------------------------------------------------------------------

2012年7月11日 (水)

シアンキング塗装のヒント

何人もの方から、塗装について聞かれました。
ここでは、シアンキングキットをお買い求めの方様へ
ヒントとなる、前田ヒロユキの塗装をお見せします。


大まかに順番を追います。

1)まずは、サフェーサー。

 ビンズメのやつがいいですね。シンナーでシャブシャブ状にして
 筆で塗っていきます。
 塗装皮膜を薄く保ちたいのです。
 サフェーサーが一番、ベタッときて、せっかくのディティールが埋まって
 しまいますよ。
 今回は、サフェーサー(明灰色)にフラットブラウンを少し混ぜてあります。
20120708_005755

--------

2)ベース色

 隠れてしまいますが、全体のトーンを「明から暗へ」下げます。
 この色が後々、効果が出て来るのです。
20120709_155242

---------

3)基本色-エンジ色

 この怪獣を印象つける大事なカラーです。
 後で、墨流しをするか?しないか?で、明るめか、少し暗めかで計算が別れます。
 (ここは中間レンジで)
20120709_181242

--------

4)黒色-サポート筆塗り

 強さを表す配色の黒。
 境界を要するところは、はっきりと筆で塗ってしまう。
20120710_002109

--------

5)黒のエアーブラシ本塗り

 かっちり別れている境界ほど、オモチャっぽく見えてしまうので、
 エアーブラシでぼかしを少し入れて、全体的になじませる。
 
 お腹のベージュ色もエアーブラシで丁寧に塗り分け。
20120710_173638

これで、だいたい、完成塗装率 90%でしょうか?

--------

6)大胆にシンナーで塗装溶かし〜
 
 キャスト本来の象牙色を出す為に、
 爪やトゲなどは、シンナーで筆を使って、塗ってあるカラーを洗い落す。
 ここで、最初に塗ったベース色の茶色が滲んで、象牙色のグラデを
 補佐するのです。
 水彩絵の具の要領で、自然な暈かし加減をつける。
 (画像無し)

---------

7)ドライブラシ

 色の塗り分けもキッチリしすぎない程度で、オーバーランくらい。
 でもこのドライブラシもほどほどに。
 やり過ぎないくらい、サラッとがボクの好みです。
20120710_222722

----------

8)だいたい完成

 ボクの好みの塗り加減。
 サラッと感。 ディティールを活かす為、ドライブラシや過度の
 グラデーションは控えめ。
20120711_224529


------------------

カラーレシピは想像でお願いします!(そんな〜)
実を言うと、
もう、細か過ぎて、何色をどのくらい混ぜたのか、
自分でもわからないのです。(大雑把〜自然児〜自己中〜のB型です)

ではでは。

注意-----
大きいモデルなので、部屋でエアーブラシは吹かない方がいいですよ。
ボクはベランダで作業しました。(家族持ちは肩身が狭い〜)

皆さんも、攻めの色塗りをして、失敗を恐れずに、独自の怪獣に
してください。

頑張ってくださいね。

つぶやき・・・
なにやら、今日はものすごいアクセス数ですが〜
なにかあったのでしょうか?


---------------------------------------------------------------------------------

シアンキング電飾計画-本体だけ完成!

携帯写真機能がpcへ送れなくなり、製作記が綴れませんでしたが、

ちょっとだけ復活したので、シアンキングの本体完成写真をどうぞ。

20120710_232902


20120710_232927


20120710_233258


20120710_233332


20120710_233620


20120710_233727

ちょっと興奮!

夜の背景に合う怪獣です。
まるで、悪夢にうなされた時に現れる、ハーフムーンデーモン

正面形相が恐ろしいですね。

予算と時間がかなりオーバーな模型でした。
台座は簡易にしないとなあ。

最後に、この間の特撮風に!!

Photo

手放すのが惜しいなあ。

-------------------------------------------------------------------------------

2012年7月 8日 (日)

ガイガンのバラバラ事件5-無防備な後ろ姿

後ろ姿へ突入です。

大きな羽根とシッポのトゲトゲがこれから、入ります。

Photo

-----

いやー! 行ってきましたよ。
特撮博物館。
すごい賑わい〜!(夏休みになったら、大変だろーなあ)
何人か知り合いに会ったりした。

スゴかった! こんなワクワクする展示は初めてだ。
特別映像が、スゴ過ぎる!
前のYoutube予告映像では、時間が少なすぎたから、どうかな〜?と
思ってたら・・・

今日、唖然・・ こんなにスゴいのか・・。身震いした。アワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!!
もう一回いこっ。

竹谷さんの50cmひな形モデル、完売・・・。
グッドスマイルカンパニーさんのピグマ巨神兵、飛ぶように売れてた。
この会社も、特撮モノへ参入なのか?
アニメ美少女ばかりと思っていたら。
ピグマで怪獣作らせてくれないかな〜。

アア〜今日は、息子と大騒ぎで楽しかったなあ。

------------------------------------------------------------------------

シアンキング電飾計画

依頼されていた完成品をやらねば〜!!
と、突然、キット組み製作記です。

でも今回は胸と背中のクリアーパーツによる、電飾仕様での作例です。
(2つ同時製作でっす)

原型制作時より、是非ともやりたかったのです!

当初から難航〜しておりました、クリアーパーツ。
そして、その仕様。

いろいろ考えて、こうなります。

順を追って行きますね。

電飾の配線をハンズの人に相談して、書いてもらいました。
20120706_044510

そんなに難しくないですね。(それでも自信がなかったですよ)
そして、発光体の製作
橙色のダイオードを2個使用。
20120707_021806

そのパーツ群
ここで、チェックポイント!
クリアーパーツにドリルで穴をあけますと、掘削面が白く濁り、
発光を妨げます。
そこで、軽くヤスリがけし、クリアーの同じ素材をその穴にもう一回
流し、表面だけ残し、たまった液体は捨てる。
それが固まると、ドリルで明けた穴もきれ〜いにクリアー。

これで、ダイオードの光を100%発光させられる。

20120706_044324

ボディーの中に入る、配線用の穴。
これは簡単。
元から、このキットはボディは硬質キャストの中空。
電飾向きのキットなのです。
20120707_021753

一番難航した、足の穴明け。
足は安定感を保つため、キャストのムク。
そうやすやすといかんかった〜
上からと下からのドリル穴が、なかなか貫通しない!!

20120706_044418

ここで、一回目の怪我。
それはいいとして、つぎつぎ。

20120707_024525

接着前に配線通し、ピンセットでなかの銅線を引っ張り出す。

20120707_040630

スイッチと電池ボックスへと渡す為に、やっと貫通した足の中を通す。
つなぎ目には、一様、ハンダでつなぐ。

やっと重要な配線の動線を足裏へ逃がした〜。
それと、クリアーパーツの接着済み。

20120707_041526

初めて、立った〜!!!!

20120707_043320

手とか頭は、塗装の都合上、後で接着。

そして〜確認の〜トゲ点灯〜〜〜!!!!

20120707_230038

うん! うまく光った。
いい感じだ。
たいへんだけど、光ってくれると、苦労がむくわれる〜。

それから、なにげにパーツ接合部の合わせ目を、エポパテで隠しモールド。

これは完成度が上がる、重要な行程(面倒だけどね)

まだまだ、続く・・・・


-----------------------------------------------------------------------------------

2012年7月 6日 (金)

暑中お見舞い申し上げますね

Photo

蝉が鳴いていないのが、不思議なくらい、夏です。

気が早く、このカードをお贈りします。

(いろいろな絵を合成して、一枚にしました。暑中お見舞いカードとして)

---------------------------------------------------------------------------------

2012年7月 5日 (木)

ガイガンのバラバラ事件4-前面完成図

やっと、前面側が完成しました。

Photo

各パーツの画面処理である、切り取りが大変。

そうそう、今日、複製元である、R.C.ベルグさんから、
パーツの一部の返却があって、早急に(2時間くらい)パーツの手直し。
型抜きできないので、バラし作業をやった。

イラストは、戦隊モノの、ゴーオンジャーとか。
急ぐのだ。

立体をさわってる、時間がまったくないぞ〜〜

-------------------------------------------------------------------------------

2012年7月 4日 (水)

ガイガンバラバラ事件3と、オーロラ社について

引き続き、インストの制作です。

足の構成パーツ

前回の胴体部分と合体してみました。

なんか、いよいよ設計図っぽくなって来ましたね!

Photo


これと同時に、レギオンのインストロダクションも、作ってます。

設計図での最高峰は、オーロラ社製のプラモデルのやつですね。


Img_0001


Img_0002


Img

ガレージキットの、ルーツと言えるこのシリーズ。
立体構成は、今のビネットモデルのそのまんま。
それよりか、今より構成力がいい!!

また、今回取りあげた、インストにおいては、怪獣ファンにはどこか
懐かしさも覚えるのでは?
怪獣ソフビ黎明期のインストは、これを彷彿とさせるモノが多いのです。

それだけ当初は、この、オーロラ社のプラモデルを、あこがれをもって
みていたのです。

パッケージのイラストも、スゴく味があっていいのですよ〜。
逆に今は、めんどくさがって、写真でパチりが多いので、
どんどん、文化が退化しているのが現状ですね。

ボクも出来るだけ、ルーツに勝てる様、努力しております。

---------------------------------------------------------------------------------

2012年7月 3日 (火)

ガイガンバラバラ事件2

続きまして、胴体部分のパーツ構成です。

このキットの特徴の肋骨内部が見えますね。

Photo

設計図を兼ねてるのですが、この作業も手が抜けません。
何日もかけて、ちょこちょこ進めます。

この設計図も集めて、楽しみにしている方々も、います。

ではでは。


------------------------------------------------------------------------------------

2012年7月 2日 (月)

ガイガンバラバラ事件1

ガイガンの頭部のパーツ構成をちょっと。

Photo

目の部分を、別パーツ化しました。

レッドアイで印象的な、素敵なお目め。

後々、透明パーツ化にしてもよし、塗りやすいし、
型代もかかるし、めんどくさかったのですが・・

最後の最後で、

顔にカッターの刃を入れる勇気を、汲んでくださいませ〜!!

(ちょうど、目尻から首元へ、堀が流れてたので、パーツ分けの
パーティングラインもそんなに目立ちませんよ)

この図は、ノチノチ、設計図に転用しよお〜!!
まだまだ、続くぞ!

------------------------------------------------------------------------------

ガイガンの原型アップ!!

ガンガンの原型が完成しました。

今回もなんだかんだ言って、遅くなった〜。
複製商品は、WF当日!!
まただ。
せめて前日に届いてくれると助かるのですけどね。

まあ、完成が遅れたから、しょうがないですね。

それまでは、シアンキング完成品とガイガンの三枚羽の複製。
レギオンのデコマス。等等。

イラストは抑えめに入れて調整はしたけど、また、今月は大変だな。

とりあえず、明日から絵をみっちり描く!!

---------------------------------------------------------------------------------------

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31