フォト
無料ブログはココログ

Hamster

« 猫とドラゴン展-作業風景6 | トップページ | 猫とドラゴン展-作業風景8 »

2012年10月12日 (金)

猫とドラゴン展-作業風景7

今日は、何度、胸を撫で下ろしたことだろう〜。

ヒュ〜!!
金屏風へのプリントが、成功しました!!
この何日間は、郵送にハラハラし、印刷にドキドキし。
そして、今日現地へ確認してきました。
途中の東京駅で地下鉄へ乗り継ぎ。

20121012_141623

スゴい人集り。
そこをすり抜け、
東西線の東陽町を降り、てくてく。
今回、お願いしました印刷所さんは、大洋印刷さん

20121012_153415

印刷のサンプルを見させてもらって、

その実力は、なんでも来い!!の領域。

もう、

こちらと出会わなければ、今回の展示は完遂しなかったでしょうね

実にラッキーとしか

言えない運である。

三階のフロアーに着くまでは、まだ、どきどき。

小林さんの優しい笑顔が自信をうかがわせる。

もう、ボクは、犬がエサをねだるような心理状態。

はあ、はあ、早く見せて!!

バ〜ン!!と、長机に置かれていましたよ。
いやはや〜コレはこれは・・スゴい大きい!!
迫力がある。

20121012_152348

こんなに、豊臣秀吉的でいいのだろうか?と、自分の作風を
ちょっと疑う。
そんな事、後悔しても意味ない! やってしまわなければ、
こんなチャンスは訪れない!
勢いこそ、気弱な自分を捨て去る好機であるに違いない!
と、ぶつぶつ、頭の中をグルグルさせつつ。    
待ちかねてた、彼女達が自慢げに、こちらを見つめてる。
誘うように、すがるように。金を纏う彼女達は神々しかった。
それも等身大の大きさで!
モノが大き過ぎて全体が掴めない。スタッフのカッコいい男の子が
気を使ってくれて、脚立を用意してくださり、
それに乗って、全体を見回す。
頭が天井にぶつかるのを覚える。
写真に納まらないくらいだ。
そうそう、ずっとやきもきさせてくれた、金箔剥がれ後は
どうなったのか???
おお〜!
まったく、問題ないではないか〜!!
何重にもインクが載り、しっかりとカバーされて、完治しているでは
ないか〜。
ん〜、そうかそうか・・。泣きそうになる。(ちょっと大げさ)
いろいろな実験を試し、辿り着いた結果が、小林さんの手によって
完遂したのだ。

何度もお礼を言って、名残惜しさを空気に残し、
最後に、
夢の実現をサポートしてくれた、スタッフの男のたち、
それに機械君も一緒に、パチり!

20121012_152339

後方にある、マイアミブルーのマシン君が、仕上げてくれたのだ。

みなさん、ありがとうございました!!!


----------------------------------------------------

« 猫とドラゴン展-作業風景6 | トップページ | 猫とドラゴン展-作業風景8 »

展示イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1371914/47427790

この記事へのトラックバック一覧です: 猫とドラゴン展-作業風景7:

« 猫とドラゴン展-作業風景6 | トップページ | 猫とドラゴン展-作業風景8 »

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31