フォト
無料ブログはココログ

Hamster

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月31日 (水)

日常の散歩

猫ドラ展の興奮が、徐々に落ち着きを取り戻し

変則スケジュールであった時間軸を、前にもどしつつあります。

しばらく、愛犬 風太の散歩を、妻に押しつけになっていたのですが、
やっと、できました。
 
でも、ひさしぶりなのか?
この犬
興奮して興奮して。
始末がおけない・・・。
あばれ放題。

20121031_161225

けっこう、大きくなったと、良く言われます。

この写真はなぜか,ハイジに出て来るヨーゼフっぽくなっていますが、
お風呂に入れると、意外と痩せてるのです。

20121031_161918

困るのは〜,落っこちてる紙とかビニールを

ひろい喰いしてしまい,気が抜けない。

たえず,こちらが警戒して、何も無いところを歩く。

どうにかならないものか・・・?

---

シンガポール行きのチケットが届き、いよいよ感じ

が出張モードなのですが、

その前に,仕事が,とんでもない事になっている。

出張どころではないのである、あっちでも,絵を描かねばならない。

でもまあ、

今までも,たいがい,そうなるのが常であったのですが・・。

まあ、サイン会、がんばろう!

------------------------------------------------------------------

2012年10月29日 (月)

猫とドラゴン展-終了!!

昨日、ボクら30人の展示イベントが、終了しました。

会期は一週間ではありましたが、総来場者数は約7000人。
こちらの想像を大きく上回るお客様のお越しをいただきました。
大成功で幕を引けることが夢のようです。
参加アーティスト、スタッフ、共に実に、宝のような一週間が、
送れまして、みなさまに大大大感謝でございます!!
みなさまから頂いた、ご反響、励ましを、糧とし、
更なる精進をして、よろこんで頂ける作品を作る事を
お約束して、画業人生を研鑽してまいりますので、
どうぞ、よろしく応援お願いいたします。
(皆様の感嘆のため息が聞けるだけで、しあわせでした。)
尚、ガイドブックも大好評で目標を達成しました。
運営資金も回収できそうです。
企画スタッフとしても、心からの感謝をしたいと思います。
どうもありがとうございました!!
ガイドブックに広告として援助賜りました、サイゲームスさまには
御礼をしてもしきれません。ありがとうございました。
さらに、
巡回展の企画がまとまりまして、お伝えする喜びが、ありますこと、
祈ります。
最後に看板に、記念のサインを頂きましたので、ご覧ください。
これはボクの心の盾となり、生涯の記念碑ともなることでしょう。

20121029_125322

うお〜!

次のが浮かんできたー,またもや、新ジャンル

出来るのか?

----------------------------------------------------------------------

2012年10月27日 (土)

猫とドラゴン展開催中-4!!

連日、好評をいただいております、郡龍割拠猫とドラゴン展

残り2日間を残して、来場者数 4000人を超えました!!
明日あさってで、終了なのは、なんともさびしいかぎりです。
都美の学芸員さんからも、公募企画展選出の中では、郡を抜いてるとの事。
ぜひ!次もなどと!まことにうれしいお声掛けもありまして、
夢のようです。

20121026_110652

一階のミュージアムショップも大賑わい!!

もっとも,メトロポリタンや他の展示会もあるのですが。

さてさて、

入り口に煌々とまぶしいネオンサインのように、展示されています、

ボクの作品、いつもは、こうですが・・・。

20121022_13102

今日、帰り際、美術館の室内灯が,点検の為、メイン電源がおとされました。

メッタに見れない一瞬がありまして、カメラを出しました。

20121026_17592

理想の光量!!

おお〜!美術館っぽい〜!

これこれ!!このくらい!
いい〜。
開田センセの展示絵も、もともと、夜の情景なので、照明が落ちたら、
なおイイ〜〜!
絵って、光を絞った方がいいのね〜。
初めて知った。
まあ、このくらい暗いと、防犯上が厳しいのだろうか?
ずっと、念願の薄暗いところでの展示も、企画してみたい。
まあ、それは次の課題としときまして、
明日、明日。
皆さん、ぜひ、巨大な会場で大きい絵を、直に目に留めて下さい!
連日、なぜか?ご年配の方の♡を射止めています。
感動のあまり泣く人もいます。
ボクもない初めての経験が、毎日あり、びっくりしています。
ぜひ、展示作家の皆様も、お忙しいとは存じますが、東京都美術館で
やれる、めったにない経験(ボクは)ですので、お越しいただき、お客様との
宝のような時間共有をしたほうが、いいですよ。
作品はお客様が、読み取るものですが、作家の真意を助言で受け取ると、
より作品をご理解いただけています。
ヨロシクお願いします。
・   
また、お客様、作家を見つけましたら、お気軽にお声をかけてください。
絵コミニュケーションをします。
どうぞ、お待ちしております!!!
---------------------------------------------------------------------------------

2012年10月25日 (木)

猫とドラゴン展開催中3!!

今日は溜まりにたまった、仕事を済ませないと、そろそろ

いのちがアブなめなので、上野行きはあきらめました。
明日もそうなるかと?
でも、気になるなあ〜。みんながんばってるもんなあ〜。
 
それもそうと、ニコニコ動画のアニON!!での生中継番組を
見れなかった〜。
楽しみにしてたのになあ〜。
ボクと、開田さんが出演してると思うんだけどなあ〜?
ボクのところは、どうなったのだろ?
スゴく熱心なナビゲーターの稲垣麻木さんと山口友香梨ちゃんが
撮影部隊とは別に、しっかり時間をかけ、展示会の内容を、
視察を兼ねながらの取材をしてるのだ!!
それもスゴく楽しげにね。
その彼女達を見ると、これから応援したくなる熱心さだったですよ。
どうも、ありがとう!!
----
参加アーティストの宣伝協力も熱くて、感動しますね。
ネットでは、あちこちでひっかかる。
すごく胸が熱くなる。
同志感が湧くと共に、尊敬もする。 
----   
今回、ボクの展示場所、なんと、寺田克也さんのお隣!
 
もう一方のとなりの、朋友 工藤稜さんと一緒に、騒ぐ〜。
事件じゃーと、二人で慌てる。
気を保つのに時を有したー。
寺田さんと初めてお話して、今回の絵の後日談を聞けちゃったりして〜。
「鉛筆画に猫が・・」
現場じゃないとわからない!
ぜひ!!
今回の氏の参加でボクの、一つ、念願が叶いました。
----
それから、ガイドブックの大広告をうっていただけました、
サイゲームスのご一行さま、朝早く、出勤前にいらしていただいて、
誠にありがとうございます!!
参加メンバー全員で感謝しております!!
「神撃のバハムート」
ボクも初期に、参加しております。
-----------------------------------------------------------------------------

2012年10月22日 (月)

猫とドラゴン展開催中2!!

郡龍割拠 猫とドラゴン展

開催中!!
 
2日目です。
今日は動物園もメトロポリタンも休園のため、実にゆっくりとした
優雅な展覧の日でした。

20121022_113717

すっかり、公園のケヤキもオータムファッションの装い。

20121021_094647

ゴッホの糸杉の絵のとなりだもんな〜! ボクらのポスター

今回の展示の感じでもと思いまして、

20121020_151715_2

どうです?

屏風、結構でかいでしょ。

今日は、一人のお爺ちゃんが、スゴい褒めてくれたぞ。

あんなに喜ばれたのには、こちらも逆に感動するです。

きっと、ボクのじいちゃんの言葉かと思うと、泣けて来る。
ばあちゃんにも見せたかったなあ。

ぜひ、この一枚しかない、この時に、この場所で!!

---------------------------------------------------------------------------

でも、そのお爺ちゃんとの会話で、おもしろくて。

身なりはスゴくきちんとした、グレーのジャケットにハットをかぶった
80代くらいの矍鑠(かくしゃく)とした方。
ボクが、実はこの絵のここでの展示は、光が眩しすぎるんだと、
真っ暗の部屋でロウソクを二つ灯して、座布団に座って眺めるといいんです!
と、そうすると、三日月が薄らと浮かび上がり、暗闇にとけ込んでいた、
龍と天女が浮かび出すのです。
その前で、お酒を傾けるのが、たまらんのですと言ったのですよ。
それにたいした返事が、「そしたら、私はお漏らししちゃうね」です。
即座にボクもです。と返してしまった。
二人で笑った。
 
昨日だったら、人がスゴかったから、そんな会話は出来なかったろうなあ
楽しいひとときでした。
--------------------------------------------------------------------------------

続きを読む "猫とドラゴン展開催中2!!" »

猫とドラゴン展開催中!!

いよいよ開催しました!!

なんか入場者数がいっぱい入ってるみたいですよ。
1500人くらいだそうですよ。
もう、今日はいろいろと立ち回りで、お話もろくにできずにすみませんでした。
いらして頂けたかた、本当にありがとうございました。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------

2012年10月19日 (金)

猫とドラゴン展-搬入風景1

昨日とは打って変わって、晴天に恵まれた東京です。

20121019_101750

上野公園では、動物園の団体客や、メトロポリタンやらツタンカーメンまで、

朝から来場客さんが、すごい。

今朝は、猫ドラ展の、作品搬入日で、きました。

今回、展示させてもらうのは、周知のとおり東京都美術館。

わが国での近代国家として最初の設立創建となった、由緒正しき美術の殿堂。
そこでやれるので、ワクワクドキドキだ。
なにか気恥ずかしいやら、うれしいやらで、参加アーティストの多くが
聞くところによると、そうらしい。    

20121019_101953

ココが入り口。

そして...

20121019_102329

ココが裏の搬入口。

いたいた。今回の展示会のエンジン役。

20121019_102523

彼と、高さ4mもある作品搬入の為のエレベーターで、地下3Fへ。

20121019_131507

ヒッローイ!!もう反対もあるぞ。

今回は美術館側から特別に作業室を、お貸しいただいた。

20121019_122222

ココでも立派なホールくらいの驚きの広さ。

メッタに来れないので、興味津々。

20121019_122209

朝から順々に、作品が、ぽつぽつ届き出す。

ボクのも無事、問題なく奇麗に届いたので、一安心。

作家さん、ココにご自分の荷物ありますか?

早朝から来て、ヌシのようにいるシンゼン君。
まだ、作品の造形にこだわり続ける。
彼は香川県から来ている。
お腹がぺこぺこなので、
彼と近くのコンビにへと行こうと、警備のおばさんに尋ねたら、
あまり近くにはないらしい、それよりか逆提案で
芸大の学食だったらあるわよって、教えられ、

のこのこ、美大生に混じって、格安の芸大カレーを食べる。

20121019_125742

普通のカレーである。

いろいろなメニュウがあり、

建物は奇麗でも、実にアットホームなのだ。

たまたま、同席した、初老の作業着姿のおじさんは、ここ芸大の

デザイン科の出身らしい、ボクはここ落ちましたとこっそり伝えた。

---

きっと来週は

ココで、食べ飽きるくらい来るのかな〜と予感する。

いよいよ、明日、展示だ。

展示を午前中。午後からライティング調整。

午後にTVの取材があるらしい。

ではでは、作家の皆様、よろしくお願いします。

------------------------------------------------------------------------------

2012年10月18日 (木)

猫とドラゴン展-HP情報更新!!

猫とドラゴン展

ホームページ内容充実!!
クリエーターのコメントが日々更新中!!
 
----------------------------------------------------------------
そして、いよいよ公式ガイドブックの発売決定!!

Photo

◆公式ガイドブックの販売は当面、東京都美術館の会期中会場内のみ
◆価格:2,500円(税込)
◆A4判・フルカラー96P
◆公式HP告知ページ:http://neko-dora.jp/dora/?page_id=450
--------------------------------------------------------------
オールクリエーターの、メイキングから
完成までの
ビジュアル満載!
オールカラーお贈りする
渾身のナビゲート本 マストアイテムです。
絵柄で作家一同が揃うのは、この本だけ。
(館内は規定により、写真撮影が禁止されているので、ご注意を)
 
各作品の内容作者本人が語るグラビアページ
を見ながら、展示場をまわれば、
作家それぞれの価値観を共有できるはずです。

メイキングページでは鉛筆ラフから完成までの
製作過程を網羅。
肉薄の製作魂に会えるはず!
各作家により様々なアプローチも見もの   
ボクのページをちらり!

Maedamaking2_2(レイアウト案の段階のモノ) 

そのほか、猫ドラ展の歴史や、今回の企画の誕生までの
いきさつなどなど。

会場先行販売、売れ切れ必至のアイテムをまずはともあれ、
手に入れて下さい!!
会期開始の前日に届く、出来たてほやほやの新商品をぜひあなたも。
---------------------------------------------------------------------------------------

2012年10月15日 (月)

猫とドラゴン展-作品発表です。

郡龍割拠-猫とドラゴン展   

2012 10月21日〜10月28日 上野の東京都美術館にて開催される、
前田ヒロユキが展示する、屏風絵です。
作品タイトルは「天龍四部衆-Moon Dance」
YouTubu映像でまずはご覧ください。 

20121013_230731

20121013_230807

作者からのメッセージ
-----------------------------------------------------------------------------------------
2012 10月21日〜10月28日 上野の東京都美術館にて開催される、
郡龍割拠-猫とドラゴン展
前田ヒロユキが展示する、屏風絵です。
作品タイトルは「天龍四部衆-Moon Dance」
 
転生と転送を繰り返し甦る、猫から龍への生き返りをテーマに描いたモノで、
不変な生命力変化する現実を表現しました。 
デジタルの仮想空間と精神世界の異質な価値観のコントラストも掛け合わせ
持っています。
子供っぽく言えば、一度、龍を実物大くらいに表現してみたかった事と、
昨今のキャラクターカードブームを反映し、巨大なキラカードを作りたかった
と言うのも、製作動機です。
   
----本作を印刷するにあたり----
コンピューター内で描かれたイラストを特殊な印刷機械により、
金屏風へ直接印刷したものです。
EV印刷という温度70度〜80度の高熱で、特殊インクを焼き付ける印刷。
金箔の脆弱な土台の画面を、強固なモノへ置き換えた技術も、例を見ない
実験的な手法で行われた、おもしろい実例となりましょう。
  
展示方法も、シンプルなライティングで、江戸末期古来の鑑賞方法である、
ロウソク立てに近いかたちで置き換え、主な光源として電球を2本立て、
絵の中の光を色として表現するのではなく、金箔に光を反射させる表現を
とりたいです。
 
それは、金屏風として本来の直接的な手法ではありますが、
どうか
本物の光が射す三日月の夜空を舞う、龍と天女達のダンスを見て頂きたい
そして、屏風独特のジグザグに置かれた面構成からくる、目の錯覚かと思える、
微妙な立体感が、龍の奥へと伸びる胴体の浮遊感も、楽しめるのではないで
しょうか。
どうぞ、美術館へいらして下さい。
------------------------------------------------------------------------------------------------

2012年10月14日 (日)

猫とドラゴン展-作業風景8

郡龍割拠-猫とドラゴン展

特設HPの内容が充実してきていますね〜。
特に、作家のインタビュウが面白い。Blogの項目を見て下さいね。
-----
会期まで、一週間を切り、来週の今頃はと考えると、
そわそわして来ます。
ボクの作業は、後、美術館への発送の準備にまで、漕ぎ着きました!
どうしようか?
やはり、運搬用の木枠を組むかあ〜?
山脇さんもやってたし。
明日また、ホームセンターへ行って来なきゃ。
-----
さてさて、手前のロウソク電球の製作なのですが、
ちょっと前に載せた、燭台はやめました。
高さがあり過ぎるなあと思いました。
60Wの明るさなので、けっこうまぶしい。
地べたからの距離をとった方が、いいと判断。
それに、もう、あまりお金をかけられないなあと、妻のぼやきが。
こんな感じになりました。

20121014_162633

20121014_162653

なんか、笑っちゃいます。そんな出来です。
もう、これでいいやあ〜。おしまい。
---

屏風のコーナー金具の取り付けも済んで、いっちょまえなタテマエが

整いました。

黒い木枠も磨いて、奇麗にして、金のコーナーもピカピカに息子と二人で

やったし。

20121013_124522

20121014_142603

もうそろそろ、

作品公開します。

よろしくお願いします!

----------------------------------------------------------------------

2012年10月12日 (金)

猫とドラゴン展-作業風景7

今日は、何度、胸を撫で下ろしたことだろう〜。

ヒュ〜!!
金屏風へのプリントが、成功しました!!
この何日間は、郵送にハラハラし、印刷にドキドキし。
そして、今日現地へ確認してきました。
途中の東京駅で地下鉄へ乗り継ぎ。

20121012_141623

スゴい人集り。
そこをすり抜け、
東西線の東陽町を降り、てくてく。
今回、お願いしました印刷所さんは、大洋印刷さん

20121012_153415

印刷のサンプルを見させてもらって、

その実力は、なんでも来い!!の領域。

もう、

こちらと出会わなければ、今回の展示は完遂しなかったでしょうね

実にラッキーとしか

言えない運である。

三階のフロアーに着くまでは、まだ、どきどき。

小林さんの優しい笑顔が自信をうかがわせる。

もう、ボクは、犬がエサをねだるような心理状態。

はあ、はあ、早く見せて!!

バ〜ン!!と、長机に置かれていましたよ。
いやはや〜コレはこれは・・スゴい大きい!!
迫力がある。

20121012_152348

こんなに、豊臣秀吉的でいいのだろうか?と、自分の作風を
ちょっと疑う。
そんな事、後悔しても意味ない! やってしまわなければ、
こんなチャンスは訪れない!
勢いこそ、気弱な自分を捨て去る好機であるに違いない!
と、ぶつぶつ、頭の中をグルグルさせつつ。    
待ちかねてた、彼女達が自慢げに、こちらを見つめてる。
誘うように、すがるように。金を纏う彼女達は神々しかった。
それも等身大の大きさで!
モノが大き過ぎて全体が掴めない。スタッフのカッコいい男の子が
気を使ってくれて、脚立を用意してくださり、
それに乗って、全体を見回す。
頭が天井にぶつかるのを覚える。
写真に納まらないくらいだ。
そうそう、ずっとやきもきさせてくれた、金箔剥がれ後は
どうなったのか???
おお〜!
まったく、問題ないではないか〜!!
何重にもインクが載り、しっかりとカバーされて、完治しているでは
ないか〜。
ん〜、そうかそうか・・。泣きそうになる。(ちょっと大げさ)
いろいろな実験を試し、辿り着いた結果が、小林さんの手によって
完遂したのだ。

何度もお礼を言って、名残惜しさを空気に残し、
最後に、
夢の実現をサポートしてくれた、スタッフの男のたち、
それに機械君も一緒に、パチり!

20121012_152339

後方にある、マイアミブルーのマシン君が、仕上げてくれたのだ。

みなさん、ありがとうございました!!!


----------------------------------------------------

続きを読む "猫とドラゴン展-作業風景7" »

2012年10月11日 (木)

猫とドラゴン展-作業風景6

郡龍割拠-猫とドラゴン展

いよいよ、展示のバタバタがあちこちから聞こえてきます。

開田センセから、いい作品が集まってる!!と聞いています。
ものすごい楽しみです!!
もう、ドキドキを超して、ワクワクになってます!!
いや〜いいなあ。相乗効果でそれぞれが響きだして。
ボクのはと言いますと、先ほど、印刷所の方から、うまくいった!
と、電話がきまして、明日さっそく、見てきます!!
なんか、いい予感がするなあ〜。
現地ミュージアムショップにて販売する、B3ポスターも、
滋賀県の印刷所から知らせが来て、刷りがったらしく、
送り出したと。
これも売れてくれると、助かるなあ〜、今回のでけっこう制作費が
可算だからなあ〜。
--------------
それで、絵の方は、いくところまで行った感があるのですが、
展示用の光の効果を狙った、アイテム作りをしています。
高知のお祭り、絵金祭りにあやかり、屏風を照らし出すあかり。
ろうそくを作る!!

20121010_215927

材料をホームセンターで揃えた。

美術館ではもちろん火気厳禁ですから、ロウソクは灯せないので、電気で。

20121010_222234

アンペアを計算し範囲内のを選び、配線作業開始〜。

20121010_223233

まあ、配線って程ではありませんが、しっかり、ハンダゴテゴテ・・。
それを、ロウソクのロウを見立てたクーラーのパイプに、接着。

20121010_230446

5分間手で押さえて、くっ付くのを待つ。
リード線に、スイッチとコンセントをくっ付けてと。

20121010_230705

どうです? ロウソクっぽくなりましたかあ?
いざ!点灯!!

20121010_230626

おお〜!! と後ろに移る魔術師ガンダルフも納得したか、どうかは?
わかりませんが、

20121010_232636

ダブルライティング!!
ロウソク完成!!

20121010_235609

意外と簡単でしたね。
後はこれに、燭台を用意します。
それは、これから。(目星が着けています)
でも、今回のメンバーの中でも、ライト自作してる、おバカは
ボクだけだろうなあ〜。
とりあえず、イメージ画像ですが、こうなりたい。
シンプルだけどね。

A_016_d433

これは、

合成写真ですよ。

ホントにロウソクっぽい。

でも、この燭台が手に入るかわからん。

------------------------------------------------------------------------

続きを読む "猫とドラゴン展-作業風景6" »

風太成育日記

まったく、手がかかるペットですね。

愛犬 風太君
ウチのワンワンの成長をお見せします。

4

ここまで順調に育ってきてます。乳歯も最後の一本を残すまで。

6ヶ月です。

6

やっと、お手を覚えた。

しつけに悩む。

2

散歩が大好き。

最近では犬を通しての、ママトモも急増中!!

でも、他の子は、トリミングがキッチリした品のいい子ばかり

ウチだけじゃね?ベランダトリミングって?

近くの子供達に、モシャモシャ〜とか、ふわふわ〜とか言われる。

・・・・・。

まだ、あまり知られていない種類らしく、

コッカープーと言うらしい。

(何と、しまらない品種名か。プーですよ終わりが)

プードルの毛並みと、コッカースパニエルの従順さを持ち、

飼いやすいらしい。

3

でも、

ウチのはやんちゃ過ぎる気がする。

7

ノーリードはしないのだが、そんな事したら、

帰って来ないだろうなあ。

5

犬の散歩には、うってつけの立地だから、けっこう楽しい。

9

でも、これでも、

難がある犬であったのですよ。

足の付け根が未発達で、ヘルニア持ち、外斜視。

小型犬人気だから、

大きくなるかも?といわれると、貰い手が躊躇するのだそうだ。

そんなこんなだから、取り残されて、可哀想だから貰ってきた。

そんでも、筋肉の発達も良く、ヘルニアをカバー。

外斜視もそんなに気にならない。

でも、大きくなりつつあるのが、気にかかる。

なんの縁でウチに来たか不思議ではあるのですが、

今ではしっかり家族になってます。

健康に育ってくれればいいです。多少、まぬけでも。

//////////////////////////////////////////

2012年10月 7日 (日)

劇団ああルナティックシアター予約スタート!!

長年、ポスターやチラシを担当させてもらってます、

劇団ああルナティックシアターの名物公演の
予約がスタートしております。
TOKYO BAKA EXPO 2012
同郷の看板役者、佐々木君が、かっこよくボケまくり、
座長の橋沢さんが、親しみ込めてキレまくる!
コントあり、泣かせありの、大満足の大博覧会!!
下北沢へGO!!

Title

(今回の絵、流用三昧でゴメンね)

2012年10月 6日 (土)

猫とドラゴン展-作業風景5(絶望と希望篇)

なんと! ここへ来て、大問題発生!!

仕上げの下地剤スプレー吹きを終え、
印刷所へ送る準備をしようと思ってた矢先!!!
屏風を開いたら、「ピリピリ・・シャカシャカ・・・」
ん??
うぉ〜〜〜〜〜!!

20121004_212250

20121004_212238

金箔剥がれてる〜〜〜〜〜〜!!!!

完全に乾かしたつもりでいた、表面の保護剤が、くっついたー!!

まいったなあ〜

終始、うなだれる・・・。

その晩は仕事も手に着かず、寝付けない夜を過ごす。

・・・・・・

気分を新たに、復活を誓い行動へ出る!

どうしようか?悩んだのだが、
新たに屏風を購入するか?
でも、半年探し続けて見つけた、色合いと雰囲気が合う屏風。
ここは、こいつを直してやるぞ〜!!と屏風を抱きしめる。
以前にも、金箔の張り込みや修正作業は経験済み。
運良く、剥がれた箇所は、大部分98%を印刷のインクが載り、
隠れる部分だ。
良し!いける。
金箔の質感さえあれば良し、色は関係ない、ボクにも出来る!
早速、都内の日本画店へ探しに行く。
ユザワヤ、駄目。
渋谷ウエマツ、対応悪し。
新宿世界堂、いたって丁寧に対応。金箔購入。
打ち合わせを一件、挟んで帰宅。
スタート!!

20121005_225249

糊剤を筆でつけ、半乾燥。

そこへ箔を置いていく。一個一個の剥がれ箇所をつぶしていく。

20121005_232935

とりあえずは、オーバー気味に置き、集中して全体をカバー。
鼻息厳禁の作業は、息が続かない。
窓も開けられない、汗がにじむ・・。
いけたか?

20121006_002444

自分の技術の無さに焦る。
やはり、付け焼き刃である。
まあいい。
とりあえず乾燥を待つ。
明日は晴れてくれよ〜と祈る。
徹夜で朝を迎え、ベランダへ妻と運び出す。
重なった、余分な箔を筆で、こすり落とす。
定着も良好だ。
でも箔の質感がわかり、チョッピリ後悔する。
純金箔にすればよかった。

20121006_080809

20121006_080557

まあ、離れるとわかりにくいのかなあ?

20121006_080549

20121006_080627

これで、

また、問題になった金箔保護剤をスプレーする。

これを噴かないと、インクが載らない。

プシュ〜〜〜

おお!馴染んできたな。

いいではないか。

・・

朝日が出て、金箔に反射し、

馴染んでいる修正箇所を照らし出している

どうか、うまくいってくれよ!と反射する太陽に光明を見る。
2日にかけての格闘の修復作業であった。
------------------------------------------------------------

2012年10月 5日 (金)

猫とドラゴン展-作業風景4(番外編)

猫ドラ展の作業の続きですが、まだ、屏風の下地処理が

続いております。
木枠のコーナーなど、直接金箔同士が接地しないように
着いている、コーナー金具を、木枠から外します。
これが着いていると、印刷の時に、印刷面から2mmも
プリントノズルが離れちゃう可能性が出てしまうので、
大きく印刷精度が変わります。
よって、外す事にしました。

20121004_212304

外すのは簡単なので、釘抜きで細い釘をつまんで、ヌンッ!!
でも中には、しっかり釘が打ってあって、しかたなく
ドライバーを使って、くいくいっと。
あ”〜曲がった〜。
とか、いろいろ。
でも外してみると、この金具、意外と傷だらけで、緑青も
噴いていた。
キタナい!!

20121004_221904

ペーパーがけ
磨くことにしよう!!

20121004_221852

手間がかかる。
4コーナー+2つの縦金具。
の6個
一様、錆び止めのスプレーが掛かってたのね。
それごと、磨く。

20121004_224928

まだまだ、
荒い磨きだが、だんだん、細かい目にして、最後はピカールで
ゴシゴシとやろう。
この作業が、意外と好き。
なにかピカピカさせるのはいいものだ。
断然、前より良くなった。
でも、よく考えたらこの作業。
今、やらなくてもいいんだな。
印刷待ちの時に、仕上げ磨きをしようっと。
ではでは。
-----------------------------------------------------------------------------

2012年10月 4日 (木)

キングギドラ製作記11

久しぶりに、キングギドラをいじってます。

今回は、タロウ君のパーツ分解です。

20121004_044439

20121004_044401

これが〜

こうだ!!

20121004_043957

20121004_044301

どんな

怪獣よりも複雑だ。

これで、三兄弟だもんな。

20121004_044221

左右の角がちょっと変なパーツですよね。

これ、耳と一緒にくっ付けてます。

どうかな〜??

これで抜けるかなあ?

ではでは、また、気が向いたら、アップします

----------------------------------------------------------------

2012年10月 3日 (水)

猫とドラゴン展-作業風景3

おお?!

あっという間に10月ですね。
ボクのも最終段階!
金屏風に下地処理をする為に、木枠をマスキングをしようと思い
妻と二人掛かりだ。
リビングに広げたら、こんなんなっちった〜。
デカイなあ。

20121002_122648

ボクとの対比図。
(今さら顔、隠さなくてもねえ)

20121002_122854

表面がデリケートで困る。
コーナー金具も緑青が出てる〜。最後に磨かなきゃ。
20121003_012034
木枠をマスキングテープで覆い、
ベランダに出して、スプレーだ!!
・・・
と、思ったら、風が強くて、無理だ。
なんと、台風ですね。
やばい!
吹けないぞ。
明日にしよう。
----------------------------------------------------------------
てなわけで、今朝。
台風が近づいてるから、タイミングを見計らって〜ホイ!!
20121003_121750
風がない!
今だ!
日本画用の金箔保護を兼ねる下地剤スプレー
これを塗布したら、やはり印刷の食いつきが断然良くなる!と
印刷屋さんも言っていた。
畳4畳分を2缶を吹いた。
腕がプルプル・・・。
箔がキレイになっちゃった・・。
キレイすぎるなあ〜。
ヨワッタ、ヨワッタ。
----------------------------------------------------------------------

続きを読む "猫とドラゴン展-作業風景3" »

2012年10月 1日 (月)

猫とドラゴン展-いよいよHPオープン情報 Part2

郡龍割拠-猫とドラゴン展

HP 順次コンテンツ充実!!
見逃すべからず〜

http://neko-dora.hpl.ddo.jp/dora/

そして、公式ガイドブックも、鋭意製作中!!
ボリューム満点、完成画はもちろん、製作途中の風景など、
各作家さんの卓上に接近!!
乞うご期待の内容です!!
売れ切れ必至なので、絶対、手に入れてね。

開催情報-------------------------------------------

新進気鋭のクリエイター総勢30名が
【人間にとって最も身近な獣「猫」】と【神として想像された獣「ドラゴン」】
という、概念上もっとも距離が離れた2つの獣『猫とドラゴン』を
テーマに競演します

現代でもこのモチーフは、カードゲームをはじめソーシャルゲームや
コンシューマーゲームでも、ど真ん中で普遍的なテーマでもありますが、
作家自らが、描きたい!作りたい!を主観と置き、表現される
展示会なのです。

■開催期間

2012年10月21日(日)~28日(日)

■会場

東京都美術館 ギャラリーC

■開室時間

午前9時30分~午後5時30分

※最終日は~午後1時30分(入室は閉室の30分前まで)

■観覧料

無料

------------------------------------------------------------------------

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31