フォト
無料ブログはココログ

Hamster

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015年5月28日 (木)

ダンバイン製作記-肩口の修正

いろいろ、いじくっています。首の長さを4mm延長し、左肩の接合部の位置移動し、首ガードの襟の高さの延長、そして、肩口(ボディー側)の増大化、をしています。

ぱっと見には、修正がわからないと思います。デザイン自体はあまり変えていませんので。

Image

Image_2

硬化させましたら、全体を載せますね。

コレ、完成のイメージでは、首回りと足首とかに、羽毛が生えている感じなのですがね。
生物っぽくて、いいと思うんだけどなあ〜。
早く、完成が見てみたい。

それはそうと、このダンバインさん、複眼って知ってました?

Image_3

正面を見る正眼と、下方を見る複眼、そして、脳天にあるVの字スリットの中に主眼がある設定なのです。まだ、主眼は作ってませんが。頭のパネルは開くように作ってます。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
フェイスブックのヒーロー怪獣 怪人の造形グループにこのダンバインを載せたら、皆さんにも「いいね」をいただき、すごく嬉しいです。 中でも、樋口真嗣さんから貰った事に、感激! 勇気が出るなあ〜ホント。 イメージ性の強い造形なだけに、賛否両論(好き嫌い)になるだろうから、あまり、周りの反応は期待していなかったので、受け入れて貰える人がいて、嬉しいです。

2015年5月27日 (水)

ダンバイン製作記-仮組み3

アップばかりでしたので、全体を載せてみよう。
この写真を見続けています。 眺めてるということかな? そうしますと、何かおかしいところとか、発見とかあって、直したくなります。客観性をもって眺めるのです。

Image
Image_2
Image
Image_2

いいところも悪いところも、見えてきます。
でも、横のシルエットは良いねえ。コレ。

とりあえず、改修点。左腕のつき方。首の長さ。胸の幅。襟首の丈。などなどが見えてきまして、改修中です。
早く、薄羽も完成させろよなあ〜!

2015年5月23日 (土)

ダンバイン製作記-仮組み2

後ろに布を置いてちゃんと撮ってみました。

Image


Image_2


Image_3


すげーなコレ。
骨だらけだから、アイボリーレジンのセピアのウォッシング塗装のお手軽な塗り方でも、似合うかもなあ〜。
コレでクリアレジンパーツも加わったらと思うとワクワクが止まらないですね〜 趣味の醍醐味!!
でも、この原型はモロいから、レジンで置き換えたい。やはり、薄羽はクリアレジンだよなあ〜。

2015年5月22日 (金)

ダンバイン製作記-ウィングの仮組み

薄羽4枚の開き具合を見ます。
まだ羽のモールドは施してませんがね。
Image_7


Image_8


Image_9

これこれ!
羽の展開具合がイメージ通りですね〜。
でも、この模型、デカイなあ〜。羽を広げると、50cmを超えてます。
さて、全部のパーツチェックしてみます。
Image_10


ダンバイン製作記-仮組み1

ここいらで、全体のバランスをチェックしなきゃ。
意外とここからが長かったりする〜。

Image


Image_2


Image_3


Image_4


Image_5


Image_6


続きを読む "ダンバイン製作記-仮組み1" »

2015年5月18日 (月)

ダンバイン製作記-腰パーツの仕上げ

この造形物での最後の大物の最終仕上げでの完成に至りました。
Image_4
Image_5

上半身との合いも、ぴったり。


Image_6
Image_7
Image_8
Image_9

コンバーターを背負わせてみました。
接着もしてないのに、自立。バランス感バッチリ!

Image_10

よかった よかった


ダンバイン製作記-腕の複製7(最終)

なんだかんだと失敗とかしています。型取りの失敗、キャスト流しの失敗。
型取りの失敗は、気泡と原型のポジショニングの悪さなどです。
キャスト流しの失敗は、手流しなので、空気抜きのルート確保に伴うキャスト流動性のストレス緩和ですね。
それらを調整しながらやっと、パーツが抜けました。
ほら
Image
Image_2

なんか、古代昆虫っぽくて、好きです。

今回、両腕の複製原型としてパーツ抜きしたのは、これです。

Image_3

アイボリーキャストの群列は、心踊ります。
さて、続いては腰パーツの仕上げです。

2015年5月15日 (金)

ダンバイン製作記-腕複製6

いやいや、忘れてた!
爪を型取りするのをー!!
ついでに、前腕の大パーツの型に気泡を発見して、その補修作業をやってます。
いやいや、ミスった〜。
Image
Image_2
Image_3

重要な型の表面には薄っすらと5mm直径の気泡があってですね、後々、型崩れしそうなので、補修ですね。 この写真では、
裏側から掘り進めて、目指した気泡君を見つけました。もう一回、原型を組み込んで、穴を掘りました。
そこにシリコンゴムを流しました。
Image_4
ピンク色の部分がわかりますでしょうか。
一昼夜で硬化、補修 成功です!
よかった〜。
Image_5

続いて、反対側も油粘土を取り除き、クリーニングをし、バリアーコートを塗って乾かして、シリコンゴムを流しました。

Image_6

今晩にも、キャスト流しができそう!!

2015年5月14日 (木)

ダンバイン製作記-腕の複製5

ベランダ製作所にて、腕の複製が進んでいます。

Image

Image_2

ほらほら、地味、ベト、クサな作業ですが、やはり複製されたパーツは、可愛いもんです。

Image_3
Image_4

パーツの合いも、いいようですね。
でも、キャスト手流しですが、まあまあです。気泡は1、2個かな?
このパーツ群を眺めていると、キット化の野望が湧いて来て、困ります。

2015年5月13日 (水)

ダンバイン製作記-腰の製作

台風の影響で湿度が高いのでキャスト流しは不向きな日なので、別作業です。腰を進めます。
胴体との兼ね合いがあるので、胴体の接合部を成形してからのここの腰にかかってます。
オーラバトラーのコンセプトとして、バイストンウェルに住む恐竜や巨大昆虫などの生体物質を材料を使ってオーラバトラーを作っていると言うコンセプトなので、あらゆるところに生物の骨格やら頭蓋が見られます。 この腰部も何やら二本角の頭蓋骨があります。
Image

Image_2
まだ、製作途中です。
胴体と合わせてみますと、

Image_3

Image_4

でかいなあ〜。
あとで、オーラコンバーターを背負った胴体とも腰を合わせてみないとなあ〜。それと右腿はモールド成形上に邪魔なので、外してしまいました。なんか無くてもいいかもしれない。
今晩には、腕部分の型にキャストを流してみたいです。

2015年5月12日 (火)

ダンバイン製作記-腕の型取り4

丁寧さは苦手意識からくるのか? 型取りに時間がかかって困ります。
原型がとても逆テーパーが多くて単純な上下の型取りでは抜けないパーツもあるので、薄めの積層型取りでやっております。そのため、バックアップの硬い型も必要です。時間が無いのでFRPでは硬化時間がもったい無いのでキャストを流し込みます。その準備として布切れを細切れにしておきます。
Image

この布をシリコーン型の山に沿わせておいて、キャストを流しかけます。

Image_2
布が薄いので何層か繰り返して小山部分を中心にしてちょっとづつキャストを硬化させて作ります。

Image_3
バックアップはキャスト製なので、すぐ完成!

いよいよ、反対側の型作りです。
油粘土を慎重に型から剥がし、ゴム型から綺麗に取り除きます。型と原型を傷付けない様に爪楊枝を使って粘土を除去します。エアーを吹きかけゴミを吹き飛ばします。その後、バリアーコートを丁寧に塗り乾燥。そして、ゴム流しです。

Image_4
Image_5
一昼夜、硬化時間ののち、型枠を外し。完成!

Image_6

単純な型は出来ました。いいようですね。
ホッと一息です。

2015年5月10日 (日)

ダンバイン製作記-腕の型取り3

地味でベトベトな作業が始まりました。
シリコーンゴムの流し込みをやってます。その前にもいろいろな準備があります。

古いシリコーンゴムのブロック状の切り出し
Image
これは新たなゴム型のカサ増し用の充填材として使います。
値段が高いですしね。

枠をしっかり作ったら、軽くバリヤースプレーを吹きましたら、一番重要な最初のゴム流しですね。

Image_3
少し硬化し始めましたら、即座に二回目のゴム流しです。ベトベトな状態の時に2回目の被せゴム流しをしなきゃいけません。

Image_4

Image_5

これで片面のゴム流しは終了しました。
ひと眠りしまして、ゴムの硬化を待ちます。

2015年5月 8日 (金)

ダンバイン製作記ー腕の複製2

複製をしたいパーツの全てが油粘土に埋まりました。気付いたのですが、この使い勝手がいいこの粘土も新品よりも少し使った方のがいいのですねえ。多少、油分が抜けて硬くなった方が。
新品は柔らかすぎて腰がない。
まあそれはそうと、型取り作業を続行
Image

Image_3

上手くキャスト複製出来ればいいなあ。

2015年5月 6日 (水)

ダンバイン製作記-腕の複製-1

左腕の複製をしています。複製原型にしたいので、まずは粘土埋め。
この作業は何回やっても、苦手〜。って言いますか、向かない。

Image


Image_2


Image_3

まだ、枠を作っていませんが。複製作業って、これで、真空脱泡機があれば、楽しいのかなあ〜?

2015年5月 1日 (金)

ダンバイン製作記-土台の製作モールド編1

いよいよ、土台のモールドへ移行です。
もともとはこの部分、作るつもりはありませんでしたが、完成イメージが浮かんできて、作る事になってしまいました。ほっておくと全身を作りかねないので、土台までは決定してしまいましょう。
それで、下半身を想像でき得る躍動感みたいな!そんなポーズ付けが欲しいです。
ですので、右ももを上げます。

Image

Image_2

Image_3

Image_4

今は、仮のモールド付けです。まだボディーを乗せる前なので、接合部分もちゃんと合わせてません。仮で作って、後で調整します。

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31