フォト
無料ブログはココログ

Hamster

« 鬼を作る-その2 | トップページ | 鬼を作る-その4 »

2015年6月 3日 (水)

鬼を作る-その3

取り合えず、表面の仕上げをしてみました。
細かいシワを描いてみました。
Image


Image_2


Image_3

ここの目尻のシワがポイント。それに浮き出る血管。ありえない者をリアルに表現する。これぞ快感!

Image_4


Image_5
このプクっとしたアゴが好き。

今回、皮膚を表現するのに、3つの実験素材を使った。1) サランラップ 2) レジ袋 3) コピー用紙
その中でも、サランラップをこまかくシワ作り、それを原型に押し付けた腰がちょっと弱いけど、いい感じだ。

Image_6


« 鬼を作る-その2 | トップページ | 鬼を作る-その4 »

展示イベント」カテゴリの記事

コメント

本当にすごい!
目尻のシワの流れるような自然な作り込みなど、不自然さが感じられません。うっすら見える"ひし形"のような皮膚のディテールなども生物そのものだと感じました。耳の細部まで情熱が行き届いていますね!

違和感をあたえないような造形というものを前田さんの作品からいつも感じます。 サランラップやビニールなどを用いる手法も教えていただけるなんてとても参考になりました。

でも、ちょっと疑問に思ったのですが、
スタイロフォームも芯材に用いていましたが、オーブンで溶けませんでしたか? 自分も発泡スチロールを芯材にしてスカルピー盛り付けて焼いたら溶けてしまったので。。。やはり前田さんは専用のヒートドライヤーなど使われているのでしょうか?

オーブンは使いません。僕の作品はおおきいものが多いので、オーブンに入らないです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1371914/60243711

この記事へのトラックバック一覧です: 鬼を作る-その3:

« 鬼を作る-その2 | トップページ | 鬼を作る-その4 »

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31